紅しで踊り

ベニシデオドリ
紅しで踊り
画像提供元:天理市産業振興課
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

郷土芸能

奈良県 | 天理市

しでとは棒の先に裂いた布を束ねてくくりつけた叩きのようなもの。雨乞い祈願と御礼の農民踊りを、約30年前に地域婦人会が復活再現させたもの。本来は勇壮な男踊りだが、女性が踊るのでしでに紅をつけ紅しで踊りとして伝承している。着物姿にハチマキ、タスキ、手甲、脚半、わらぞうりのいでたちで、太鼓、鐘、拍子木、お囃しにあわせて大勢で踊る。歌詞にあわせた振りつけがあり、振りあげるしでの動きが勇壮で美しい踊りである。9月23日の大和神社大祭に奉納される。

基本情報

所在地 〒632-0057 奈良県天理市新泉町306
TEL 0743-66-0044
問合せ先 大和神社
〒632-0057 奈良県天理市新泉町306
TEL 0743-66-0044
ホームページ http://ooyamatohp.net/
アクセス ・長柄駅から徒歩で8分
・天理駅桜井行バス
・大和神社前バス停から徒歩で10分
見学・所要時間 30分
文化財 市指定無形民俗文化財
保存者 紅しで踊り保存会
時期 9月23日

アクセスマップ

周辺のスポット情報