人間魚雷「回天」大神訓練基地跡

ニンゲンギョライカイテンオオガクンレンキチアト
回天実物大模型
acuagraphy

当サイトに掲載されている画像は、SBIネットシステムズの電子透かしacuagraphyにより著作権情報を確認できるようになっています。

歴史的建造物

大分県 | 速見郡日出町

人間魚雷「回天」は人間が操縦する魚雷で、そのまま敵艦に体当たり攻撃をする特攻兵器です。「回天」は、大東亜戦争(太平洋戦争)末期、日本の敗色が濃厚になる中、海軍によって考案されました。昭和20年(1945)には大神訓練基地が造られ、同年4月に「大神突撃隊」が開隊しました。この地には現在でも基地の遺構が数多く残っているほか、回天大神訓練基地記念公園内には回天の実物大模型が設置されています。

基本情報

所在地 〒879-1504 大分県速見郡日出町大神5673-55
問合せ先 ひじ町ツーリズム協会
TEL 0977-72-4255
ホームページ https://hijinavi.com/spots/detail/7
アクセス ・日出ICから車で15分

アクセスマップ

周辺のスポット情報

  • Japan 2 Go